この「実」なんの「実」!?夢の島熱帯植物館

投稿日:2018年01月13日

遊ぶ・学ぶ

「熱帯植物とわたしたちの生活との関わり」を教えてくれる夢の島熱帯植物館。
こちらのBドームでは、私たちにとって身近な「果実」が木に生っている姿を見ることができます。

なお、Aドームの様子はこちらの記事をご覧ください。

なかなかお目にかかれないフルーツの木!

トップ写真の赤い実のついた木は「コーヒーノキ」。そう、コーヒーの木です。
コーヒーの果実は赤く、サクランボのような見た目をしているんですね。
私たちが普段飲んでいるコーヒーは、果実そのものではなく、その中にある「豆」を焙煎したもの。
そのため、果実自体を食べる機会はほとんどありませんが、ほんのりコーヒーの味がするそうですよ。


コーヒーノキの近くには休憩スペースもありました。

▲内側が木でできたベンチになっています。

植物のエネルギーを感じながらひと休みして、日々を疲れを癒すのもいいかもしれませんね。


そのほか、チョコレートで有名な「カカオ」や、「パイナップル」、「バナナ」など、
南国のイメージの強い様々なフルーツを見ることができます。

▲パイナップルの実がこんな風になるなんて、知っていましたか?

小笠原諸島の植物を守る!夢の島熱帯植物館の隠れた役割とは?

植物館のCドームは、主に「小笠原の植物」が集まるドームとなっています。

一見「さやいんげん」の様にも見えるこちらの植物ですが、実は・・・

「バニラ」なんです。
生のバニラを見られるのはとっても貴重なことですが、間違っても採っていかないように注意してくださいね。


小笠原は東京都心から約1000km、距離で言えば沖縄と同じくらい離れた土地ではありますが、れっきとした東京都の島です。
海洋島ということもあり、島の中で独自で進化を遂げた多くの固有種、さらには絶滅危惧種が存在しています。
その貴重な植物たちを守るために、夢の島熱帯植物館では小笠原の植物を栽培し、万が一小笠原の植物が絶滅してしまった場合に、またその植物を小笠原に還すという重要な役割を担っているのだそうです。


メインのドームをゆっくり回って、所要時間はおよそ1時間ほどでした。
土日祝日はボランティアさんによるガイドツアーも無料で実施されていたり、スマートフォンのアプリでも館内の植物についての解説を聞くこともできるので、より植物への興味関心を深めたいという方にはオススメですよ♪

子供達が楽しめる人気コーナーも♪

また夢の島熱帯植物館にはメインエリア以外にも、季節ごとの展示やイベントなど、まだまだたくさんの見所があります。

例えば、こちらの食虫植物のコーナー。読んで字の如く、「虫を食べる」植物です。

こちらは「ムシトリスミレ」。

▲見た目はとっても可愛らしいのに、実はとってもアグレッシブ。
葉に虫が付くと、そのまま消化液を分泌して虫を消化してしまうそうです。



植物を使って、無料で工作ができるコーナーもありました。

▲松ぼっくりやどんぐりなどを自由に使って、リースや小物などを作成できます。

小さなお子様が楽しめる工夫がたくさんされているんですね♪


夢の島熱帯植物館は、植物に対する愛情を感じたのはもちろんのこと、
来場者が少しでも楽しく、快適に過ごせるように様々な工夫がなされていました。
そのひとつとして、冬は12月に1回、夏は7月中旬〜8月の土曜日には夜のライトアップイベントなども開催されています。

また、今回はご紹介できませんでしたが、館内にはイベントホールやシアタールームなどもあり、こちらは2018年2月〜6月頃に改修工事が行われます。
2020年のオリンピック頃までに館内全体が少しずつ改修され、さらに魅力溢れる植物館になっていくようです。

これからますます進化していく夢の島熱帯植物館に、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

施設名 夢の島熱帯植物館
住所 〒136-0081
東京都江東区夢の島2-1-2
電話番号 03-3522-0281
営業時間 【植物館】9:30~17:00(入館は16:00まで)
【カフェ】11:00~16:00(ラストオーダー)
【売店】9:30~17:00
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日) 
12月29日~1月3日
ホームページ http://www.yumenoshima.jp
地図
駅からの行き方 新木場駅徒歩15分
アクセスはこちら
駐車場 夢の島公園第一駐車場(南)
68台
2時間まで300円
以後60分毎に100円
備考 【入館料】 一般/250円 65歳以上/120円 中学生/100円