木材・合板博物館で、「森林」と「地球環境」を楽しく学ぼう♪

投稿日:2018年01月19日

遊ぶ・学ぶ

新木場駅から徒歩7分のところにある「木材・合板博物館」。


こちらの博物館は私たちに、人間はいつもたくさんの「木」に囲まれているということ、
そして、そんな「木」のおかげで、私たちの生活は豊かになっているということを思い出させてくれます。

新木場の景色が一望できる!新木場タワー

博物館があるのは、「新木場エリアで最も高いビル」として名高い、「新木場タワー」の3、4階。
今回は特別に14階の社員食堂から見える景色をご紹介♪

新木場の街並みを一望することができますね。
残念ながらあいにくの天気だったのですが、それでもディズニーランドや葛西臨海公園の観覧車が見えました。


木材・合板博物館の入り口には驚きの仕掛けが・・・!?

本題の3階へ降りると、最初に目に入ってくるのは大きな屋久杉。

▲屋久杉は伐採が禁止されているため、倒木を展示として利用しています。


右にいらっしゃるのが、日本の合板製造の第一人者である「浅野吉次郎」さん。
この方が日本で初めて合板を世に出したと言われているのが11月3日なのだそうです。


早速、博物館の中へ。
入り口に一歩足を踏み入れたとき、すぐに目に飛び込んで来たのは・・・


▲スイッチを入れると、羽がパタパタと動きます。


なんと、木でできた「トンボ」。
羽を動かすための歯車も木でできているのがまた驚きですね。

木の断面からわかることって?

こちらの3階が博物館のメインフロアになっており、
「森の姿と樹種のいろいろ」「木のこといろいろ」「木材利用と地球環境」「合板を知ろう」「木のまちの今と昔」
という5つのエリアごとに様々な展示がなされています。


今回はその中でも、森林や環境に着目した「木の姿と樹種のいろいろ」と「木材利用と地球環境」の2つのエリアをご紹介♪
なお、実際に木材に触れる様子や、加工工程を見てみたい!という方は、こちらの記事をご覧ください。


まずは入り口から一番近い「森の姿と樹種のいろいろ」のエリア。
こちらのエリアでは、100年以上続く「合板」の歴史の中で使われてきた様々な木の展示がなされています。

一言で「木」と言っても、育つ国や四季の有無などによって性質が異なり、木の断面を見ればどんな環境で育ったのかを知ることができるそうです。


また、木材は水分を吸うので、伐採から時間が経つにつれて水分が抜けて縮んでしまうのだとか。
床に貼る板などももちろん例外ではなく、年月に沿って縮んだり、湿気によって水分を吸って膨らんだりすることを考慮して貼ってあるのだそう。奥が深い。

私たちの生活は森林によって支えられている。

次に「木材利用と地球環境」のエリア。
こちらは杉の葉っぱの光合成の様子を顕微鏡で拡大したものをモニターに映しています。

▲リアルタイムに光合成の様子を観察することができます。


モニターにはどんな様子が映っているのか?
それは、実際に木材・合板博物館に行って確かめてきてくださいね♪


こちらは木で作られた地球儀「ウッドアース」。

▲緑の布が、地球上の森林の広さ。


地球の全体の3分の1が陸で、その陸面積の3分の1ほどが森林なのだとか。


そのほかにも、様々な表やグラフ・図を使いながら、「木」が私たちにとっていかに重要な存在なのか、
現在の実態はどのようになっているのかなどが分かりやすくまとめられています。

▲世界各国の土地に対する森林率をグラフにした図。
「日本は森林率がとっても高い国なんだね〜!」


木材のことや森林のことがしっかり学ぶことが出来、より一層自然を大切にしようという気持ちが湧いてきました♪

施設名 木材・合板博物館
住所 〒136-0082
東京都江東区新木場1-7-22 新木場タワ―3F・4F
電話番号 TEL 03-3521-6600 / FAX 03-3521-6602
営業時間 10:00~17:00(最終入館時間16:30)
定休日 月曜日、火曜日、祝日、年末年始 
※都合により開館日・時間を変更する場合がございます。
ホームページ http://www.woodmuseum.jp
地図
駅からの行き方 新木場駅徒歩7分
駐車場 1階外駐車場空きスペースへ駐車
※ビル敷地内立体駐車場は契約車利用のみ