新木場のランドマーク「木材会館」の利用施設をご紹介♪

投稿日:2018年06月22日

サービス・宿泊

美しい木目に包まれたこちらの会議室は、新木場駅から徒歩3分のところにある「木材会館」の7階。
新木場を象徴するこの「木のビル」は、新木場に来た人なら誰しも一度は見たことがあるのではないでしょうか。

こちらの木材会館では、この7階の大ホールだけでなく、6階の小ホールや会議室、1階のギャラリーや和室・茶室など、様々な貸出施設があることをご存知ですか?

今回は、そんな木材会館で一般利用できる施設をご紹介します♪

スカイツリーや東京タワーが見えるテラスも併設!最上階の大ホール。

まず、冒頭でもご紹介した7階の大ホール。
椅子だけなら300席が用意できる、木材会館で最も広い会場となっています。

また、大ホールを利用するお客様は、休息時間等に併設の檜のテラスも利用することができます。

▲正面にスカイツリー、そして写真には写っていませんが、右手には東京タワーも見えました。

ホールで会議をした後の立食パーティーでは、こちらのテラスを利用することも可能ですよ♪
(注:テラスのみでのパーティは承っていません。)

使い勝手の良い3つの会議室と、デザイン性の高い小ホール

続いて6階には、3つの会議室と小ホールがあります。
会議室はそれぞれ各20名ほどの収容ですが、仕切りを外せば3つを1つの会場として最大60名の会議でも利用できるとのこと。

▲仕切りには杉板を利用。

そして小ホールがこちら。

▲デザイン性の高い、開放感あふれるホール。

約150名収容。着席の会議等の場合は80名までご利用いただけます。
天井には和紙が施されているそうです。

なお、こちらのホールや会議室は会議やそれに伴う懇親会等の利用が原則となっています。
物品販売やイベントにはご利用いただけませんのでご注意ください。

開放感あふれるギャラリー、趣きのある和室・茶室

1階のギャラリーでは、様々な展示会やイベントなどが開催されているそうです。

▲中央にあるのは、文字通り「檜舞台」。

ギャラリーの裏部分にあるのがこちらの和室です。

▲机は樹齢350年の1枚板。

隣には茶室も完備されていて、お茶、生け花、詩吟教室など、様々な文化活動に用いられています。

いかがでしたか?
どのお部屋も外観からではわからない木の温かさを感じられ、木材ならではの高級感も相まって非常に魅力のある施設となっていました。

加えて、利用料金は都内の中心部と比較するとお安めとなっています。
新木場は電車のアクセスもよく、駅からも近いので様々なシチュエーションで利用できるのではないでしょうか?

なお、利用料金等の詳細については公式ホームページをご確認ください。

施設名 東京木材問屋協同組合 木材会館
住所 〒136-0082
東京都江東区新木場1-18-8
電話番号 TEL 03-5534-3111 / FAX 03-5534-7711
営業時間 平日9:00〜20:00
※休館日及び平日の規定時間外のご利用に関してはホームページをご覧ください。
定休日 土日祝日
組合休業期間
ホームページ http://www.mokuzai-tonya.jp/mokuzaikaikan/
地図
駅からの行き方 新木場駅徒歩2分
駐車場
台数に限りがありますので、ご使用の場合はご相談下さい。
隣接の新木場センタービル地下に時間貸駐車場(有料、営業時間7時~22時、日曜祝日休み)があります。