「Family Train Festival! in 新木場」で親子で過ごす夏の思い出を作ろう!

投稿日:2019年08月08日

遊ぶ・学ぶ

東京メトロが毎年春・秋の年2回開催している車両基地イベント。

大人も子供も関係なく、”電車好き”の皆様が虜になってしまうこちらのイベントは、秋の開催場所は綾瀬車両基地が毎年恒例となってますが、春の開催はその年ごとに場所やテーマが異なります。
そんな中、”令和最初の”東京メトロ車両基地イベントの開催場所として選ばれたのは、数ある東京メトロの車両基地の中でも、綾瀬車両基地に次いで広大な敷地を持つ「新木場車両基地」。
今回は小学生以下のお子様をターゲットに、ファミリーが集う和やかなイベントとなりました。

なお、「新木場車両基地」は一般の方の見学等は行なっていないため、普段見られない施設の中に入れるという意味でも、今回のイベントは大変貴重な機会ですね。

当日は生憎の天候ではありましたが、来場したお子様や保護者の方の表情には笑顔が溢れていて、雨にも負けずイベントを楽しんでいる様子が伺えました♪

人気ブース「車両洗浄体験」やグッズ販売の様子はこちらの記事をご覧ください。

体験型のブースが充実!

当日は第1、第2会場合わせて25のブースがあり、その中でも「体験型」のブースは特にお子様からの指示を集めていました。

冒頭の写真は、本物の運転台を使用した「シュミレーター体験」のブース。
開場早々から、電車を運転してみたい!という子供たちが列をなしていました。

こちらは、駅で線路内の落し物を拾う際に用いる”秘密兵器”を使ったゲーム「マジックハンドでGET」。

上手にアイテムを拾えたら、景品がもらえます♪

時代を思わせえる「ロボットプログラミング教室」では、実際にロボットをプログラミングしてコース内を走らせます。

子供達の後ろ姿からでも、真剣さが見てとれますね。

普段は見られないこんな車両も!

有楽町線や千代田線などの車両を間近で見ることができるこちらのイベントですが、通常の車両だけでなく、「保守用車両」も展示されていました。

今回展示されていた保守用車両は、主に有楽町線や副都心線の施設を保守する車両。
こちらは、レールに流れる信号電流に異常がないかなどを調べている「軌道モーターカー」です。


私たちがいつも安全に電車を利用できているのは、こういった保守用車両のおかげなんですね♪

家族で過ごす夏の思い出の1ページに

今回のイベントは、夏休み目前に開催されたこともあり、親子で過ごす夏の思い出の”1ページ目”になったのではないでしょうか?

いよいよ夏本番がやってきますが、これからまた家族みんなで”メトロに乗って”、思い出の2ページ、3ページ目を作りにいってくださいね♪

▲新木場車両基地の上を通る歩道橋より撮影。(イベント当日ではありません)

施設名 東京メトロ 新木場車両基地
住所 〒136-0082
東京都江東区新木場4丁目4−22
ホームページ https://www.tokyometro.jp
地図
駅からの行き方 新木場駅から徒歩30分
都営バス木11甲系統「東京ヘリポート前」バス停事下車 徒歩約5分