まるで料亭の味!和風居酒屋「鬼平」で秋の新メニューを堪能♪

投稿日:2019年11月11日

飲食

新木場駅徒歩2分、新木場センタービル内にある和風居酒屋「鬼平」。
以前もご紹介しているこちらのお店が、この秋メニューを一新したということで、約1年ぶりにお邪魔させていただきました!

前回の様子はこちらの記事をご覧ください♪

1年前は和食・洋食・中華とバラエティーに富んだお食事を楽しませていただいたのですが、
現在は、料亭での勤務経験もあるという料理長が中心となり、和食メニューがより一層充実していました♪

新鮮な旬の食材を堪能♪

まずは、和食に欠かせないお刺身から!
こちらの「刺身おまかせ彩盛り」は、その日に仕入れた新鮮な鮮魚を、その名の通り彩鮮やかに盛り付けてくれます。

▲中サイズ(2〜3人前)
この日はマグロ、サーモン、カツオ、ネギトロ、真鯛、シマアジ。
シマアジは、キュッと身が締まった歯応えのある背中と、脂の乗ったお腹の食べ比べができました♪

こちらは秋ならではの「松茸土瓶蒸し」。
秋の風物詩「松茸」と、この日獲れたての真鯛の優しいお出汁と、ほのかに香るゆずの風味。
上品な味わいの一品が、新木場の居酒屋で楽しめるとは驚きです♪

口に含んだ瞬間にお出汁の香りが広がって、身も心もホッと温まりますね。

アレンジメニューも絶品!

和食を代表するメニューが続く中、変化球として注文したのがこちらの「和風合鴨ロース」。

赤ワインと和風のお出汁で合鴨を蒸し煮込みにしたこちらの一品は、和と洋が絶妙なバランスで融合したメニュー。
ビールにも、日本酒にも、赤ワインにもぴったりです♪

天ぷら盛り合わせは、真鯛を大葉包んだものがメインになっていました。
アクセントに練り梅をつけていただきます。

初めて食べる組み合わせでしたが、梅の酸味と大葉の風味、真鯛の甘さが口の中で絶妙に混じり合って、とっても美味しい!

〆までこだわりの一品を!

お酒の後の〆でオススメしたいのは、自家製のジャコと刻み大葉を混ぜた「ジャコご飯」と、こちらの「玉露茶うどん」。

▲鮮やかな玉露色のおうどん!こちらは小サイズです。

見た目ほど玉露の主張は強くなく、つるっと飲み込んだあとにふわりとお茶の良い香りが残ります。

いかがでしたか?

今回は季節の旬を味わえるメニューを中心に楽しませていただきましたが、ビールに合う揚げ物や炒め物のメニューも豊富に取り揃えていますよ♪

どんなシチュエーションのお客様にもご利用いただける和風居酒屋「鬼平」、是非一度足を運んでみてくださいね!

施設名 鬼平
住所 136-0082
東京都江東区新木場1丁目18−6
電話番号 03-3521-0202
営業時間 11:30~13:30
17:00~22:30 (ラストオーダー21:30)
定休日 土曜日、日曜日、祝日、お盆、年末年始
ホームページ https://r.gnavi.co.jp/a061200/
地図
駅からの行き方 新木場駅徒歩2分
駐車場 20台(共用)