東京都心で「ジャングル」を冒険できる!?夢の島熱帯植物館

投稿日:2018年01月01日

遊ぶ・学ぶ

夢の島公園の敷地内にある「夢の島熱帯植物館」。
こちらでは、普段から馴染みのある植物や本来都心では見ることのできない珍しい熱帯植物などが栽培されていて、
いつもよくみている植物の意外な一面や、「食べ物」としてしか認識していない植物が花や実をつけている様子など、新しい発見がたくさんできる場所となっています。

水辺の植物が集まるAドーム。

外観からもわかるように、ドームは大きく分けて3つに分かれていて、右から、Aドーム、Bドーム、Cドームとなっています。
中は繋がっているのでひとつの建物ではありますが、ドームごとに集まる植物に特徴があるようです。


ドームの入り口となるAドームでは、「三大聖樹」がお出迎え。

▲左から、ムコウジュ、サラノキ、インドボダイジュ。
全て仏教のお釈迦様に縁のある樹ということで、まさに「パワースポット」ですね♪

こちらのAドームは、中央の池とそこに流れる滝を中心に「水辺の植物」が集まっています。

なお、この日の館内の湿度は約70%、温度は23〜4℃ほどで、まさに「熱帯」といったような気候でした。
コートを着ていると汗ばんでくる気温なので、冬でも上着は脱いでいて大丈夫そうです。


普段はお目にかかれない珍しい花々に魅了される!

東京ではなかなか見られない「ブッソウゲ」。

▲別名「ハイビスカス」。
「南国の花」の代表的なイメージですね。


さらに、同じアオイ科で「ウナズキヒメフヨウ」。


▲こちらのお花は、この状態が「満開」なんだとか。

同じ種類の花でも、咲き方は様々。でも、どれもとっても綺麗です。

こんな面白い植物もありました。
何の形をしているか、わかりますか?

「海老だ〜〜〜!」
そう。こちらは「コエビソウ」という名前の植物です。
夏になると、もっと赤く大きくなるそうです。ますます海老に見えそうですよね。
ちなみに、今見えている部分は葉で、この裏に花が咲くそうです。


室内でよく見るあの植物も・・・!?

こちらは観葉植物としても有名な「モンステラ」。

▲この葉っぱは成長とともに割れ目ができるのだそうです。

普段はあまり見ることのできない、「根っこ」にも注目です♪


こちらも観葉植物として人気の「ガジュマル」です。

▲「幸せの木」とも呼ばれています。

観葉植物として育てている木も、野外で育てればこんなに立派な大きさになるなんて驚きですね。



滝の裏側はトンネルになっています。

まるで本物のジャングルを冒険しているみたい。ドキドキ、ワクワク。
この先に何があるのか・・・!?

気になる!という方は、こちらの記事をご覧ください♪

施設名 夢の島熱帯植物館
住所 〒136-0081
東京都江東区夢の島2-1-2
電話番号 03-3522-0281
営業時間 【植物館】9:30~17:00(入館は16:00まで)
【カフェ】11:00~16:00(ラストオーダー)
【売店】9:30~17:00
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日) 
12月29日~1月3日
ホームページ http://www.yumenoshima.jp
地図
駅からの行き方 駅徒歩15分
アクセスはこちら
駐車場 夢の島公園第一駐車場(南)
68台
2時間まで300円
以後60分毎に100円